管理栄養士のアルバイトをする職種と時給

管理栄養士の求人の状況

管理栄養士を目指す人の多くは、現在栄養士として働いているか、過去に栄養士として働いていた人でしょう。管理栄養士資格を取得できたとして、求人の状況がどうなっているのかが気になるのではないでしょうか。
 現在、病院や企業の給食施設で栄養士として働いている人は、そのまま元の職場で働く予定の人が多いことでしょう。有資格者手当が出る企業もあるので、資 格取得のメリットは大きいはずです。また、管理栄養士になることで栄養サポートチーム(NST)の一員になるなど、責任のある仕事を任されてその分給与 アップが見込める職場もあるのではないでしょうか。
 転職したり、再就職したりする予定の人は、ハローワーク等で求人の情報を探してみましょう。窓口で、資格を持っていることを申告して希望を伝えれば、紹 介してもらえます。また、「エイチエ」や「GUPPY」といった、管理栄養士の求人に特化した転職サイトも利用してみましょう。
 管理栄養士の就業場所として最も多いのは、工場・事業所の給食施設で、次いで多いのが病院です。病院での勤務は、栄養指導や栄養管理、食数管理などの通 常業務に加えて、「糖尿病予防教室・糖尿病患者向けレシピ教室などの院内イベントの企画・実施」といったイベントに関わる機会もあるようです。また、近年 は介護保険施設や福祉施設への就業が増えています。高齢社会である今日、ますます管理栄養士のニーズは増えていくことでしょう。
 どんな職場に就職したとしても、やはり重要なのは人間関係です。逆に言えば、仕事の姿勢や些細なコミュニケーションで働きやすくすることだって可能です よね。さらに、管理栄養士は、患者の病状や人の状況を考慮した栄養管理・栄養指導をするのが仕事です。医師や看護師、保育士など、おなじ職場で働くほかの 専門職とのコミュニケーションは重要です。自分の仕事に自身と誇りを持って、働くことができると良いですね。