管理栄養士のアルバイトをする職種と時給

管理栄養士問題集の選び方

管 理栄養士国家試験に向けて独学で勉強しようと考えている方の中には、問題集選びで迷っている人も多いのではないでしょうか。書店に行っても色々な出版社か ら出ていますし、どれが自分に向いているのかも分からないですよね。ここでは、管理栄養士国家試験対策の問題集を選ぶポイントをご紹介します。
 まず、問題集には大きく分けて三種類があります。過去の試験問題を数年分集めた過去問題集と、出版社がオリジナルで作成した問題を集めた予想問題集またはオリジナル問題集、実際の試験をシミュレーションできる模擬試験問題集です。
 勉強を始めたばかりの人は、過去問題集から取り掛かりましょう。試験の出題形式や問題の問われ方に慣れるためには、実際に出題された過去問題を繰り返し 解くのが効果的です。過去問題集を選ぶときには、解答だけでなく解説が充実しているものを選びましょう。なぜ間違ったのかを理解するのが重要だからです。
 過去問題集を繰り返し解くだけでも十分に試験への対策はできますが、何度も解いていると問題を覚えてしまって学習にならなくなってきますよね。そういう 段階になったら、予想問題集かオリジナル問題集を加えるとよいでしょう。出題傾向を分析して作られているので、頻出問題を重点的にマスターすることができ るはずです。また、第26回試験から“五肢択二型問題”という、五つの選択肢から該当する選択肢を二つ選択するという問題です。過去問題集だけでは、こう いった最新の出題傾向を繰り返し練習するには不足しているので、予想問題集やオリジナル問題集で慣れていくのもよいでしょう。
 模擬試験問題集は、自分の実力を確かめるのに最適です。一通り解けば、自分の苦手な科目や苦手な出題形式を分析するのにも役立ちます。また、実際の試験 とおなじ時間割で解いてみるのもよいでしょう。実際の試験では、時間の配分が重要となります。分からない問題は飛ばしたり、見直しをする時間を確保したり といったテクニックを身につけるためにも、模擬試験問題集でシミュレーションすることは重要です。
 いかがでしたか? すべてのタイプの問題集が必ず必要というわけではありません。特に、何冊も買って中途半端に終わるよりも、一冊を繰り返し解く方がポイントをおぼえやすく、実力がつきます。自分に合った問題集を見つけて、合格できるとよいですね。